あなたも気軽に始めてよう!SBI FXトレード|SBIFXトレード.com

あなたも気軽に始めてよう!SBI FXトレード

現在FXサービスを提供している会社は約60社あります。2008年から比べると数はほぼ半減しています。多くの会社は淘汰され、魅力的なサービスを提供している会社だけが現在生き残っている状況なのです。そしてさらに各社は生き残りをかけ、様々なサービスを展開しています。その熾烈な競争の中で顧客満足度1位を獲得した会社が、このたびご紹介するSBI FXトレードです。
本サイトでは、FXトレードのお得、そして感動満載の取引システムについて、他にも、複数サービスでパーソナルなトレードも可能で、スワップポイントでうれしい複利運用ができることや、少額取引単位とレバレッジでお得な運用できること、信託保全は大手バックアップがあり、充実安心の内容であることについて、さらには、スキャルピングしやすいトレード環境となっており、取引アプリは高機能でシンプルであること、FXトレードの確定申告で抑えるべきポイントなどなど、SBI FXトレードに関する特徴や強みが満載されています!あなたも気軽にSBI FXトレードを始めてみませんか。

FX会社を選ぶなら、SBI FXトレードで

FX会社はたくさんありますので、どこの口座を作ればいいのか悩むものです。では、自分に合ったFX会社を選ぶうえでどんなポイントを考慮すればよいでしょうか?例えば「スプレッド」です。スプレッドとは為替レートの買値と売値の差です。他のポイントは会社の信頼性です。会社が破たんしたらおしまいになりますので、FX業者の財政状況は気になります。さらに「信託保全」もチェックポイントです。大雑把に言えば、自己資金のバックアップ体制のことです。仮に会社が破たんしても、FX業界では自分の資産が保障されています。いろいろなタイプの信託保全がありますが、狙いたいのは「全額信託保全」という、投資家の証拠金が全額保証されるタイプです。そしてその中でも「日次信託」といって毎日信託保全状況を更新しているものが良いでしょう。

SBI FXトレードは比較的新しいFX会社ですが、驚きの取引システムを軸に人気となっている業者です。上記のポイントと照らし合わせてみますと、スプレッドが米ドルであれば0.27銭とトップクラスの狭い水準になっています。資本規制比率は2016年6月時点で753.4%と、最低ラインの140%よりずっと高い状態にあるので安心です。また信託保全のタイプは全額信託保全で日次信託ですので安心です。信託先ですが「三井住友銀行」と「FXクリアリング信託株式会社」です。日本3大メガバンクである三井住友銀行がバックアップ体制を整えているので安心感があります。
また別の点として、SBI FXトレードは東証一部上場企業のSBIホールディングスの一員です。SBIグループは全体で顧客が1、300万人という安定したシェアを持っているのでそれも安心材料です。こうした企業概要の安全性を見たうえで、取引コストの安さやスワップポイントの高さ、初心者でも始めやすい1通貨と言う最小取引単位などを評価すると、総合的にSBI FXトレードは口座開設しておきたい会社と言えるでしょう。
2015年のオリコン顧客満足度ランキングのFX取引部門が発表されました。SBI FXトレードは「取引手数料・コスト部門」「初心者部門」で1位を獲得することが出来ました。なぜ1位を獲得することが出来たのでしょうか。FXの口座選びで気になるところは、やはりスプレッドです。SBI FXトレードはこの点、他社よりも低いスプレッドで提供しています。特に米ドル/円の場合は取引数量が50万以下の場合に他FXサービス会社よりも手数料が低く設定されていますので有利に取引を行うことが出来ます。

さらに、他の業者が1万ドル、1千ドル単位の取引からなのに対し、SBI FXトレードは1通貨単位での取引が可能という点でしょう。FX初心者にとって、たったの約4円の証拠金で米ドル/円の実際の取引を低リスクで経験できるということも非常に有益です。またホームページ内ではプロの取引結果を見ることが出来たり、日々の市場をわかりやくす解説してくれたり、メール情報サービスも展開しています。このように初心者にとってわかりやすく情報をまとめて提供していることも理由と言えるでしょう。

SBI FXトレードの特徴は

まず、業界最狭水準のスプレッドについてご紹介します。注文数量:1~1、000、000の時、USD/JPYのスプレッドは0.27となっています。これは他業者の米ドル/円0.3~0.4と比較するとかなり低い数値となっています。次に、業界最良水準のスワップポイントについてご紹介します。例えばSBI FXトレードの場合、豪ドル/円45円(1万通貨数量、1日あたり(買)の場合)です。それに対して同条件の場合他社は、A社41円、B社35円、C社35円となっており、SBI FXトレードの方か好条件と言えます。

続いて、便利な取引ツールと便利ツールについてご紹介します。SBI FXトレードが提供する取引ツールは、経験を積んだ為替ディーラーが作成担当したものです。そのため初心者はもちろんのこと、プロも長く使用することが出来ます。パソコン用にはWEB版とインストール型の両方を提供しています。
また外出先、移動中でも使用できるように、スマートフォン向けのアプリも提供します。ユニークな便利ツールも提供しています。その一つは「カベプラ」というものです。これはパソコンのデスクトップ上にレートやチャートを表示させておくためのツールです。
さらに、珍しい1通貨からの取引についてご紹介します。SBI FXトレードでは、1通貨単位から取引が可能です。たった4円の証拠金で即取引を行えますので、まだ初心だけどリアルな取引を行ってみたいという方に最適なシステムとなっています。この最小取引単位は業界ではとても稀なので、サイト内で紹介されている新規口座キャンペーンと合わせると、少ない取引でFXトレードに慣れることができます。FXは常にリスクを伴うトレードです。過剰な取引はリスクを多くしますので、賢い資産運用を心がけましょう。また、SBI FXの提供する新規口座キャンペーンがあります。指定された日までに口座開設して初回ログインした人全員に500円がプレゼントされます。

ですから自己資金を使うことなくいきなりFXトレードが体験できるというわけです。最初の500円は計算しやすいビギナーにちょうどいい取引額と言えるでしょう。他にも「スマホで新規口座開設キャンペーン」、「新規口座開設、日経チャンネルマーケッツ無料視聴キャンペーン」があります。こうしたキャンペーンについても本サイトで紹介されています。なによりも、SBI FXの口座開設の申し込みはとても簡単にできます。必要書類をアップして送ることと、いくつかの事項に同意すること、そして名前や住所などのごく基本的な情報を入れて、勤務状況や投資経験、自己資産がどれくらいか答えるくらいです。入力しても入力しても「次のページ」ボタンが出てきたりなどということはありません。1ページで完了します。SBIでは18歳以上の人でも、無職やアルバイトの人でも、主婦でも口座開設が可能です。投資経験がなくてももちろん可能です。口座開設手数料も維持手数料もかかりません。嘘の内容で申請したり、余裕資金があまりに少なすぎたりということがなければ普通は拒絶されることはないでしょう。審査を無事通過すると2日くらいして必要項目(IDやパスワード)が送られてきます。

これだけでFXトレードを開始できます。まさにお手軽です!また、SBI FXトレードでは基本のドル/円だけやユーロ/円だけでなく様々な通貨ペアを取引することができます。全部で12通貨ペアがあって内訳は次の通りです。「USD/JPY(米ドル/円)、EUR/JPY(ユーロ/円)、GBP/JPY(英ポンド/円)、AUD/JPY(オーストラリアドル/円)、NZD/JPY(ニュージーランドドル/円)、CAD/JPY(カナダドル/円)、CHF/JPY(スイスフラン/円)、ZAR/JPY(南アフリカランド/円)、CNH/JPY(オフショア人民元/円)、EUR/USD(ユーロ/米ドル)、GBP/USD(英ポンド/米ドル)、AUD/USD(オーストラリアドル/米ドル)」の12通貨です。円とだけでなく外貨同士のペアも提供していますし、SBI FXトレードの入金は非常にスムーズです。ネットバンキングサービスを通して簡単に入金することが出来ます。

主な提携金融機関は、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、埼玉りそな銀行です。それに加えて、ネットバンキングサービスを提供している約380もの銀行から入金することが出来ます。メガバンク、地銀、信金が提供するネットバンキングサービスはほぼ使用することができますので非常に使い勝手が良いです。「クイック入金」と呼ばれているこのシステムによって、入金指示した金額をリアルタイムに即座に反映させることが出来ます。24時間入金が可能です。そしてなんと、入金の際にも振込み手数料が発生しません。通常の手数料が発生してしまう指定口座への振込みをしなくて良いというのは大きなメリットとなります。PC版ツールは勿論のこと、スマートフォンのアプリを通してもクイック入金を即座に行うことが出来ます。クイック入金の利用は、入金額が5、000円以上からとなります(初回入金額には制限はありません)。出金の依頼は「取引画面」から行います。出金額が2000円未満の場合には手数料が発生しますので注意してください。

また、SBI FXは個人口座に加えて法人口座も開設することができます。法人口座を開設すれば経費として落とせる幅が広がって節税になりますし、損失繰り越しも9年間にすることができます。またレバレッジも200倍かけることができるので取引量も増やすことができます。また「レバレッジ付き定期外貨取引」というサービスも提供しています。これは設定したタイミングで自動的に外貨を購入してくれるサービスで、いちいちレートを確認する必要もなく購入できます。またある程度の期間にわたって購入を続けることで、為替変動によるコストが平均化されてリスクが分散するというメリットもあります。

FX取引アプリで重要なのはどんな点

使うトレードツールのデザインや機能性はとても重要です。実際FX経験者の中にもアプリによって投資環境がすごく変わって利益にも影響したという人がいます。確かに短期トレーダーにとっては一刻一刻の為替レートの変動が大事ですから、使いにくいアプリを使用していては素早い判断や操作ができません。ですからどれでもいいからアプリを!というのではなく、自分に合ったシンプルだけど高機能なアプリを選ぶ必要があります。どんな点を重視すればよいでしょうか?まず大事なのはチャートの操作性です。

さらに、注文をするのにも情報を見比べながらの方がより直観的な操作ができるのでこれも大事です。テクニカル指標が充実しているのも評価点です。通貨の値動きや取引量などから為替の動きを予測するためにはやはり情報が欠かせません。 SBI FXトレードのアプリはシンプルで高機能です。チャート(時間足は12種類)ですが、4画面表示に対応しているので服う数取引を時間節約しながら行えます。SBIアプリでは約定記録や損益状況、スワップポイントなど一度に確認できるのが素晴らしいです。他にもSBI FXのアプリはオリジナリティのある機能があります。

まとめ

あなたも、SBI FXトレードを始めてみませんか!
本サイトでは、他にもSBI FXトレードに関する特徴や強みが満載されています。どうぞ、他のページもご覧ください。この機会に、あなたも気軽にSBI FXトレードを始めてみるのはいかがでしょうか。