FXトレードの確定申告で抑えるべきポイントとは?|SBIFXトレード.com

FXトレードの確定申告で抑えるべきポイントとは?

SBI FXトレードでは主要外貨取引を適度にカバー!複数サービスでパーソナルなトレードも可能なSBI FXトレードを解説します。

sbifxトレードは主要通貨を網羅しています

SBI FXトレードは主要通貨を網羅!初心者には十分な通貨ペアを提供!
SBI FXトレードでは基本のドル/円だけやユーロ/円だけでなく様々な通貨ペアを取引することができます。全部で12通貨ペアがあって内訳は次の通りです。

「USD/JPY(米ドル/円)、EUR/JPY(ユーロ/円)、GBP/JPY(英ポンド/円)、AUD/JPY(オーストラリアドル/円)、NZD/JPY(ニュージーランドドル/円)、CAD/JPY(カナダドル/円)、CHF/JPY(スイスフラン/円)、ZAR/JPY(南アフリカランド/円)、CNH/JPY(オフショア人民元/円)、EUR/USD(ユーロ/米ドル)、GBP/USD(英ポンド/米ドル)、AUD/USD(オーストラリアドル/米ドル)」の12通貨です。円とだけでなく外貨同士のペアも提供しています。ちなみに米ドル/円の場合はスプレッドが業界最狭水準の0.27銭~となっています。取引手数料の安さを重視してトレードしたい人はこの通貨ペアが魅力です。またスワップポイント狙いの人にうれしい、オーストラリアドルやニュージーランドドルも取りそろえているので遜色はありません。

sbifxトレードは初心者でも安心

SBI FXトレードの大きな特徴の一つとして、最小取引単位が1通貨からになっています。初心者であればいきなり1万通貨の取引をするのに抵抗があります。レバレッジを高くかけるのは怖いですし、かといってレバレッジ1倍に調整するために自己資金をたくさん揃えるのも限界があることでしょう。その点SBIであれば1米ドル、1ユーロなどとても小さな単位から取引ができるので、ローリスクでFXトレードの実践練習を積み重ねることができます。

SBI FXは個人口座以外のサービスも魅力

SBI FXは個人口座に加えて法人口座も開設することができます。法人口座を開設すれば経費として落とせる幅が広がって節税になりますし、損失繰り越しも9年間にすることができます。またレバレッジも200倍かけることができるので取引量も増やすことができます。

法人口座の開設はもちろん個人口座のそれよりも多少手続きが複雑になりますが、安定した収入を見込めるのであれば大きなメリットをうむ可能性があるので魅力となります。またSBI FXでは「レバレッジ付き定期外貨取引」というサービスも提供しています。これは設定したタイミングで自動的に外貨を購入してくれるサービスで、いちいちレートを確認する必要もなく購入できます。またある程度の期間にわたって購入を続けることで、為替変動によるコストが平均化されてリスクが分散するというメリットもあります。設定レバレッジは1~3倍と低い倍率におさえられているので、リスク抑制になります。もちろんこのサービスも1通貨単位からの購入が可能です。

まとめ

また長期保有ということでスワップポイント獲得にもつながりのもうれしいポイントです。SBI FXではこのように、自分のスタンスに合わせたサービスを選べるのが良い点です。