SBI FXトレードなら証拠金がわずか4円ほどから可能!|SBIFXトレード.com

SBI FXトレードなら証拠金がわずか4円ほどから可能!

SBI FXトレードなら証拠金がわずか4円ほどから可能!そんなSBI FXトレードに関して、詳しくご説明致します。

FXを始めるのに必要な証拠金とは

FXは日本語で「外国為替証拠金取引」といいます。この名称に出てくるようにFXとは「証拠金」をベースにして外国為替つまり米ドルなどの外貨をトレードすることです。ではこの証拠金とは一体何のことでしょうか?証拠金とは簡単に言えば担保のことです。FX業者に一定の自己資金(証拠金)を担保として預けることで、外国のお金を売り買いできるようになります。ただ実際には預けたお金の分だけでなく、それよりも何倍ものお金を使ってトレードができます。何故かというと、FXの世界には「レバレッジ(てこの意味)」という仕組みがあって、少ない自己資金で大きな金額のお金を使えるようにしてくれるからです。

SBI FXトレードなら証拠金すべてが揃ったら

例えば1万円だけ自己資金を預けたとしても、25倍のレバレッジをかければ25万円分の資金を動かせるようになります。もちろん25万円のうち24万円は自分のお金ではありませんが、いわばFX業者から一時的に借りて使えるようになるのです。このレバレッジの仕組みは、自分のお金だけではたいした利益を生むほど取引できないという人に大きな投資のチャンスを与えるのでハイリターンを可能にします。一例として現在1ドル=100円としましょう。自己資金1万円だけでは100ドルしか買えません。ですから仮に1ドル=110円になっても11、000円なので1、000円しか利益が出ません。でもレバレッジ5倍をかけて5万の資金を動かせるとしたらどうでしょうか?5万円だと500ドル買えます。そして1ドル=110円になったら55、000円になります。つまり5、000円とさきほどの5倍の儲けになるのです。しかし逆に1ドル=90円になったらどうなるでしょうか?その場合、レバレッジ5倍がなければ買える米ドルはたった100ドルで、その価値は9、000円になり損失は1、000円だけですみます。しかしレバレッジ5倍をかけて500ドル買ったなら、その価値は45、000円になり5、000円もの損失が出てしまったことになります。このようにレバレッジはハイリスク・ハイリターンと両刃の剣というわけです。FX会社によって、レバレッジの倍率は違いますが、国内では最大25倍までと決められています。過剰な取引はリスクを多くしますので、賢い資産運用を心がけましょう。

SBI FXは証拠金が少額で取引可能

安心のSBIグループ企業として注目を集めているSBI FXトレーダーですが、大きな特徴の一つに1通貨から取引可能なシステムを展開していることがあげられます。米ドルなら1ドルから購入可能だということです。SBIは必要証拠金が個人投資家の場合4%です。そしてレバレッジは25倍の設定になっています。ですから仮に1ドル=100円だとしたら、1ドル買うためには自己資金が4円だけで済むのです。4円口座に預ければレバレッジが25倍かかって100円分使えるのでOKということです。他のFX業者の場合、1万通貨(ドルなら1万ドル)とか1千通貨(ドルなら1千ドル)から購入可能といったところがあります。1万通貨の場合必要証拠金やレバレッジの条件が同じなら、4万円自己資金を用意しなければいけないことになります。ですから特にFX初心者などいきなり大金を動かすことに抵抗がある人には敷居が高くなってしまいます。仮に4万円預け入れるのが問題ないとしても、レバレッジ率を自由に選択できない場合は、先ほどのハイリスクが怖くもなります。

まとめ


これらの事から1通貨という小単位から購入ができるSBI FXトレードは初心者にはとても優しいFX業者と言えるでしょう。