SBI FXトレードのレバレッジの特徴とは!?|SBIFXトレード.com

SBI FXトレードのレバレッジの特徴とは!?

SBI FXトレードのレバレッジの特徴とは!?あなたの為になる、SBI FXトレードのアレコレをご紹介いたします。

FX取引におけるレバレッジとは

FX取引においてよく耳にする「レバレッジ」とは何でしょうか?「レバレッジ」とはもともとの意味が「てこ」ですが、少ない力で大きな作用をするてこの原理に似た大きな役割をFXで果たすもの、それがレバレッジです。レバレッジとは「自己資金の何倍もの大きな取引を可能にしてくれるシステム」です。

もし、レバレッジを対応すると

例えば自己資金が1万円だけだとします。でも1万円の取引では大きな利益は期待できません。それでFX会社を通して25倍(国内のFX会社は25倍まで可能)のレバレッジをかけてもらい、あたかも1万円×25倍で25万円分の取引をしているようにできるのです。例えば現在1ドル=100円とします。自己資金は1万円なので今日100ドルを買います。そして次の日に1ドル=101円になるとしましょう。そうすると100ドル持っているのでそれを売ると10100円もらえることになり、100円の利益が生まれます。でもレバレッジ25倍をかけたとすればどうでしょうか?使えるお金は25万なので今日は2500ドル買えることになります。そして翌日2500ドルを売ると、252、500円となり利益は2、500円とさきほどの25倍になります。このようにレバレッジは少ない自己資金で多くの利益を生むためのお得なシステムなのです。SBI FXも25倍のレバレッジに当然対応しています。しかもSBIなら1通貨(ドルなら1ドルから)から注文可能なので、まずは少ない金額でリスクをおさえながら、バランスよくFXに慣れたいという人にもうってつけです。過剰な取引はリスクを多くしますので、賢い資産運用を心がけましょう。

SBI の「レバレッジ付き定期外貨取引」もうれしい機能

為替というのは毎日変動しています。ここ最近はいっきに円高が進みましたが、こんな風に逐一変動しているとレートを確認するのも忙しくなります。そんな時に有効なのはSBI独自の「レバレッジ付き定期外貨取引」です。「定期」とあるように、このシステムではいちいちレートを確認しなくても自動で外貨を定期購入することができます。毎日でも毎週でも毎月でも好きな期間で設定可能です。忙しくてなかなか為替状況をゆっくり確認できなくても、自動でお任せなので楽ができます。さらにこのように定期購入をすることで、為替が変動しても購入価格が最終的にリスクの少ない価格になりやすいので便利です。例えば毎月1、000ドルずつ10カ月にわけてドルを購入するとします。最初の月は1ドル=100円とします。でもその後毎月1円ずつ円安になって、10ヶ月後には1ドル=109円になります。最初は安く買えていましたが、最後はずいぶん高くなりました。でも計算すると平均購入価格は1ドル=104、5円になります。109円の円安の時に買っている時は損している感覚になるかもしれませんが、実際はもっと低い価格で買い付けているのでリスクを分散できるのです。

まとめ

SBIの定期外貨取引ではレバレッジは最高が3倍と低めの設定になっています。短期取引ではなく長期取引なので、レバレッジのかけすぎによるリスクの増大を元から防げるようになっています。ついついレバレッジを多くかけたい衝動にかられても、システムがある意味ストップをかけてくれてるので堅実な資産運用がしやすいのもメリットです。