SBI FXトレードは小口でも大口でも投資がしやすい!|SBIFXトレード.com

SBI FXトレードは小口でも大口でも投資がしやすい!

SBI FXトレードは小口でも大口でも投資がしやすい!そのワケを詳しくご説明いたします。

sbifxトレード 建玉上限にかかる金額 

「建玉」とはポジションとも呼ばれ、要は未決済のままケープしている通貨とか数量を指します。例えばドルと円の通貨ペアでドルを買う場合は「買い建玉を保有」とか「買いポジションを保有」といった言い方ができます。建玉という言葉とともにセットで覚えたほうが良いのは「ロット」というワードです。ロット(lot)とは各FX会社における取引単位のことをいいます。1lotが1、000通貨(米ドルで言えば1、000ドル)の会社もあれば10、000通貨(10、000ドル)のlotもあります。まとめてみると次のような感じになります。あるFX会社が1万通貨を取引単位にしているとします。そうすると1万通貨を買うとしたら1lotの買い建玉(ポジション)、10万通貨なら10lotの買い建玉(ポジション)を保有していることになります。実はFX業界では普通、会社ごとに注文できる建玉にリミットがかけられています。リミットはFX会社によって異なるのでチェックが必要です。100万通貨とか500万通貨、中には1、000万通貨~5、000万通貨という会社もあります。アメリカドルで言うと100万通貨とは100万ドルということです。日本円だと1ドル=100円だとしたら1億円になります。

sbifxトレード個人投資の場合

レバレッジ25倍と考えると必要証拠金(必要自己資金)は4%で400万円になります。個人投資家の場合、特に初心者であれば400万円を動かすことはなかなかないでしょう。ですから建玉上限は一般個人投資家には直接関係がないともいえます。逆に大口投資家の場合、1日のあるいは一回あたりの建玉上限は気になる人もいることでしょう。
レバレッジ25倍と考えると必要証拠金(必要自己資金)は4%で400万円になります。個人投資家の場合、特に初心者であれば400万円を動かすことはなかなかないでしょう。ですから建玉上限は一般個人投家には直接関係がないともいえます。逆に大口投資家の場合、1日のあるいは一回あたりの建玉上限は気になる人もいることでしょう。SBI FXトレードは上限建玉が1、000万通貨!急速に口座件数を伸ばしているとされる人気のSBI FXトレードも建玉上限を設定しています。                          

SBI FXの上限を確認しよう

BI FXでは一回あたりに発注できる上限が1、000万通貨とけっこう高めの上限設定となっています。米ドルにすれば1、000万ドル(10億円近く)になるので、普通の個人投資家には気にならない数値です。1日あたりの発注上限は特に明示されていません。ですから大口投資家からすればこれはチェックポイントとなります。

まとめ

ちなみにSBI FXトレードは最小取引単位がなんと1通貨になっています。ですからFX初心者などまずは少額取引をしたいと願う人にとってはFXデビューがしやすい環境になっています。しかもスプレッドが少額取引であれば0.27銭~(米ドル)とかなり安い水準になっています。