SBI FXトレードは法人口座の高レバレッジが魅力。|SBIFXトレード.com

SBI FXトレードは法人口座の高レバレッジが魅力。

SBI FXトレードは法人口座の高レバレッジが魅力。

法人口座を作るメリットって?

FX会社では個人投資家口座以外にも法人口座を作ることができます。法人口座を作る古都のメリットは何でしょうか?いくつかご紹介しましょう。一つはレバレッジの倍率が大幅にアップすることです。日本では個人口座だと最大で25倍のレバレッジを効かせることができますが、法人口座の場合、100倍とか200倍といったレバレッジをかけることができます。もちろんレバレッジの倍率が多くなるということは利益の幅も多くなると同時に、ハイリスクでもあるので注意は必要ですが、順調であれば少ない資金で大口の利益がまさに可能になります。別のメリットとしては節税につながるということです。個人口座の場合と違って、法人口座だと経費の幅が増えると言うことで税金対策となります。例えば自分の家を事務所扱いにしたとしたら、持家でなく家賃を払っている場合家賃が経費扱いになります。経費で落とせる額が増えれば課税対象額も減りますよね。別のメリットは、損失の繰り越しが9年間できるということです。例えば2年間トレードをして1年目が100万円の損失、2年目が150万円の利益が出るとします。もし損失繰り越しができなければ2年目は150万円の利益にたいして税金がかかります。でも1年目の損失を繰り越して150万-100万=50万円になれば、50万円に税金がかかるだけです。個人口座の場合この繰り越し年数は3年ですが、法人口座だと9年なのでお得です。

SBI FXは法人口座のレバレッジが高い

SBI FXトレードは個人口座と法人口座の両方に対応しています。個人口座の場合レバレッジは25倍までです。しかし法人口座の場合ですとレバレッジを200倍にすることができます。ということは必要証拠金は0.5%ということになります。しかもSBI FXは最小取引単位が1通貨からですので、望めば小口取引も可能になります。実質レバレッジも調整しやすいのが特徴です。そしてスプレッドも「最狭水準」をうたっている通り安いですし、スワ

法人口座の開設に良いFX業者は
総合的に法人口座開設に良い状況にあるFX業者といえるでしょう。とはいえ法人口座を開くうえでのデメリットもおさえておく必要はあります。法人の維持費がかかることや法人化のプロセスも多少複雑です。また法人解体の時のプロセスもそうです。税理士への支払いなども考えないといけません。ですから法人口座開設は初心者にはおすすめはできません。ある程度FXトレードに慣れてから、そして続けて利益を見込める可能性がある程度なら考慮すべきです。

まとめ

そのうえでハイレバレッジが可能な法人口座を開けば、自分にとって都合の良い、ハイリターンを望める投資環境をつくることができるでしょう。ただし安定した資産がない状況で高レバレッジをかけた取引はリスクを増大させます。過剰な取引は避けて賢い資産運用を心がけましょう。