SBI FXトレードは豊富な情報力が魅力!|SBIFXトレード.com

SBI FXトレードは豊富な情報力が魅力!

SBI FXトレードは豊富な情報力が魅力なので、その魅力について説明していきます!

FXは情報力が命

FXトレードをする上で重視したい点は人それぞれだと思いますが、やはり特に重視したいのは情報力です。今は情報化社会とよく言われるように、Web上で為替に関する報道はたくさん飛び交っています。米国の雇用統計を代表として、ユーロの動き、中国の動き、オーストラリア準備銀行の動きなど考えるべき要素はたくさんあります。いくらスプレッド幅が小さくても、スワップポイントが高く設定されたとしても、そもそも為替の変動を読み間違えて取引損をしてしまっては元も子もありません。ですから情報を制することが大事なのです。そのうえで情報力がそれなりにあるFX業者を選ぶのが良いでしょう。チェックしたい点はどんなことでしょうか?いろいろありますが、1つは初心者向けの情報があるかです。誰でも最初はFXビギナーです。用語がよく分からなかったりしたらうまく取引できないので、用語解説などを提供しているところを選びましょう。

為替ニュースをしっかりと配信すべき

また当然ですが為替ニュースをしっかりと配信しているべきです。むしろ為替ニュースを配信しないFX会社は論外ですが、リアルタイムな情報を常に仕入れて表示してくれるところを選択しましょう。またテクニカル指標を数多く表示しているものは便利です。テクニカル指標は簡単に言えば、相場の動きを計算したりグラフにしたりして、今後の相場予測を助けてくれるものです。大きく分けて2つ種類があって、一つは「トレンド系」と呼ばれるもので、今後為替が上昇気流にのるか下降気流にのるかを判断するための指標です。どちらかというと中長期向けの指標と言われています。代表的なものは「移動平均線」「ボリンジャーバンド」「一目均衡表」などです。もうひとつが「オシレーター系」です。トレンド系が今の流れに乗るのを意識しているのに対し、オシレーター系は逆の動きを予測して動くためのものです。買われすぎているか、売られすぎているかを分析して逆張りをして注文するタイプです。こちらは短期取引にも向いていると言われています。代表的なものとして「RSI」「ストキャスティクス」「MACD」などがあります。両方のテクニカル指標を豊富に揃えているものがやはりお勧めです。

SBI FXトレードはPC版もWEB版も豊富な情報力がある

SBI FXトレードは2015年オリコン日本顧客満足度ランキングの「初心者部門」で第1位を獲得している、ビギナーに人気のFX会社です。この会社の情報力はどんなものでしょうか?結論から先に言うと、十分の情報力を持っていると言えます。まず初心者にはうれしい用語解説をちゃんと揃えています。また為替ニュースは1社だけですが、
「Market Win24」という、リアルタイムの情報配信や参考になる重要人物へのインタビューなどを揃えたサービスを提供してくれます。テクニカル指標はPC用の「リッチクライアント型」がトレンド系とオシレーター系を合わせて30種類ほどに加え、チャートに書き込む描画ツールも揃っています。またモバイル版ではテクニカル指標が合計で13種類揃えています。RSIやMACDももちろん含んでいます。また毎日更新されているホームページのレポートも便利です。「現役ディーラーのマーケット日記」、「本日の経済指標」「ディーラーマンの部屋」、「秋ちゃんの為替ノート」、「米雇用統計特別レポート」などなどたくさんのコラムやレポートが見つかります。

まとめ

さらにSBI FXでは「Today’s Live」や「アウトルックウィークリー」といった動画コンテンツもサービスしています。こうした情報に多く精通することで市況の動きをより正確に把握しやすくなるので、SBI FXの情報力は評価できます。